機械商社転職サイト人気ランキング

機械商社に転職をお考えの方へ

機械商社への転職の準備として、まずは業界知識を広めることが先決です。異業種からの転職となると尚更にデータを揃えておく必要があります。そんな時大変便利なのが転職サイトです。

中でも機械商社の転職にも強いのがマイナビエージェントです。豊富な転職成功実績が必ずあなたの転職を有利に進めてくれるはずです。登録・利用には一切費用はかかりません!

機械商社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



ビズリーチ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



機械商社の転職動向は?

1  他業界からの転職

機械商社とは石油コンビナートや発電所、ガス製造所等、自動車工場といった装置産業への、プラント設備や、機器を仲介する役割を果たす業種です。 商社=営業集団といえる為、例えばその他企業と同じく、管理部門は存在しますが、機械商社の特徴性として特筆すべき点は少ない為、ここでは、営業職を前提とした視点で説明します。

プラント設備や、機器を取り扱う場合には、商社営業といえども、専門的な知識、経験が必須です。大きなプロジェクトの情報を他社に先駆けて得る為には、日頃の地道な情報収集や、人付合いが欠かせませんし、一旦、引合いが出された際は、テクニカルな打合せを顧客、メーカーと何度も重ね見積を提示する事となります。 受注に漕ぎ着ける為には、単純に価格を下げれば良いというだけではなく、様々な手法で発注者から競合先や顧客社内などの情報を得て、政略的に動く必要があります。 そして、受注後に、引き続き営業担当者が顧客の窓口となるケースにおいては、納期調整、品質、仕様等は責任をもってコントロールしなくてはなりません。 納入後も、一旦トラブルが発生すれば、不眠不休で解決しなくてはなりませんし、現場では、個性的なワーカーや顧客とうまく調整をしなくてはなりません。

以上より、求められる人物像としては、きちんとコミュニケーションが取れる事、まずは精神的、体力的にタフである事、慎重で、約束をきちんと守り信頼されるキャラクターである事。技術的な知識を有している事等が挙げられます。  したがって、他業界から新たに機械商社の業界に転職する人は、他業界で似た仕事をしてきた、又は、その機械商社の取引先である、顧客やメーカー等で専門性の高い仕事経験を有している人物が企業側からも求められますし、志願する人物も上述の特徴を備えているケースが多いと云えます。 また互恵関係構築を目的として他業界からの転職傾向としては、顧客のOBを雇いいれるケース等も散見されます。

2  業界内から業界内への転職

同じ機械商社でも上位にある商社への転職は、ステップアップの面もあり、ハードルが高い為、よほど有能な人物に限られます。ここでいう有能とは主に、語学、業界知識、人脈を指します。年齢的に多くは20代後半〜40代前半で、働き盛りで即戦力、また前職で優秀な成績を出してきた人物が多いと言えます。稀に、40代後半〜で、前職で華々しく実績を上げ、強固な人脈を有し、営業部長または取締役レベルで迎え入れられるケースもありますが、それは転職事例の中でもほとんど稀なケースといえるでしょう。  

  同程度または下位商社への転職については、本来であれば、転職する必然性はありませんので、ネガティブな理由で転職を希望するケースが大半といえます。商社はよほどの人脈や経験、スキルがないと今まで付き合いのなかった他企業からすると、客観的な評価はされ難い職種です。(同じ商社業界とはいえ、取り扱う商品は多岐にわたり、客観評価を下しやすい資格等が当てはまらない傾向がある為、実際にどれだけ会社に貢献できるか未知数の為) 従って縁故や紹介等が無い場合は、如何に本人が希望しても上位商社への転職は難しく、このケースに落ち着いてしまい、待遇面等で妥協せざるをえないケースが多い様です。

3  業界外への転職

  商社に入社する時点で、例えば海外志向が強く、独立等の野望をもっている若者が志願する傾向が多い為、入社して理想と現実とのギャップを感じるのも商社の特徴といえます。特に、商社では、大半が文系の人間が採用されますが、機械的な知識は主に理系的なセンスが必要となり、こんなつもりではなかったと、当初思い描いていたイメージとは大きく異なる事が多いといえます。

 学生への企業説明等でも、商社のビジネスは多岐にわたる為、具体的な説明は割愛され、入社するまで一体何をするのか、いまひとつよく知らなかったというケースも商社に限ってはよく耳にするエピソードです。機械に限らず、食品でも原料等でも同じ事ですが、メーカー等の供給者に近い商品知識を有していないと、取引先と折衝を行う事も、その上で利益を得るという事もできません。特に機械分野については、複雑な機構を理解しなくてはなりません。このような背景があり、思い描いていた姿と、現実とのギャップに打ちのめされ、新たな仕事を望むケースは多いと言えます。このような若者は基本的に業界外へ転職していきます。

機械商社の採用職種の分類は?

1 営業

まず、機械商社として最も求人が多いのが、この営業職といえるでしょう。商社=営業集団の為、構成人員の60%〜80%程度を営業職が占めるといっても過言ではありません。 営業の仕事は多岐にわたりますが、引合入手〜見積提出〜受注〜納品〜入金〜アフターサービスまでが営業の仕事です。従って、技術的な知識、時事ネタ、精神的にタフである事、取引と円滑に情報交換ができる社交性が必要ですし、数字に強くないといけません。従って、中途採用の場合は他業界でも営業経験を有した方を優先的に採用する傾向があります。新卒の場合は、上述のポテンシャルがあるかを判断材料としてみています。   また、商社営業では、アルコール、ゴルフは必須です。商社の営業マンはメーカーの営業ができない事をやらなくてはならないという観念が昔からありますので、アフターファイブや休日の付き合いはもちろんの事、時にはあの手この手を使い顧客の懐に飛び込んでいく姿勢が必要です。

2 総務、人事

商社は人が財産と昔から言われておりますが、まさにその通りといえます。 採用については、如何に有能な人物を採用するか、(逆にいえば)如何に有能でない人物を採用しないかが、評価の分かれ途になります。 また入社後のレベルアップを図る為に、研修等を企画するのも総務・人事部の役務です。如何に有能な人材でも、磨かなくては光らない訳ですが、総務人事部はほぼ全社員の個人データに目を通す事もあり、人材という観点から会社全体に目を光らせる部署であるといえるでしょう。 また機械商社をふくめ商社は若手の離職率が比較的高い職種といえる為、入社後のフォローも他業種と比較して大きなウェイトを占めるといえます

3 経理

商社は取引の案件数は膨大に上ります。従って、処理する伝票、稟議、入金管理等、多岐にわたり社内処理を行わなくてはなりませんし、大型の契約になればなるほどリスクヘッジ、海外との取引であれば、カントリーリスク(取引国の有する特有のリスク)等も考慮しなくてはならず、適宜、営業部著を管理しなくてはなりません。従ってスピード感のある業務処理と、広い視野をもった上での判断が必要となります。

4 技術職(営業技術)

機械商社では、メーカー等の取引先から専門技術や経験を有する人物を引き抜いて、効果的な技術的営業ができる様、営業所等に配置するケースがあります。 営業専任者も技術的な知識は必須ですが、アカデミックな知識ではない事が多い為、時には営業のみでは限界がある為です。


Copyright (C) 2015-2018 機械商社転職サイト人気ランキング All Rights Reserved.