機械商社の採用職種の分類

総機械商社求人TOP >> 機械商社の転職の基礎 >> 機械商社の採用職種の分類

機械商社の採用職種の分類

1 営業

まず、機械商社として最も求人が多いのが、この営業職といえるでしょう。商社=営業集団の為、構成人員の60%〜80%程度を営業職が占めるといっても過言ではありません。 営業の仕事は多岐にわたりますが、引合入手〜見積提出〜受注〜納品〜入金〜アフターサービスまでが営業の仕事です。従って、技術的な知識、時事ネタ、精神的にタフである事、取引と円滑に情報交換ができる社交性が必要ですし、数字に強くないといけません。従って、中途採用の場合は他業界でも営業経験を有した方を優先的に採用する傾向があります。新卒の場合は、上述のポテンシャルがあるかを判断材料としてみています。   また、商社営業では、アルコール、ゴルフは必須です。商社の営業マンはメーカーの営業ができない事をやらなくてはならないという観念が昔からありますので、アフターファイブや休日の付き合いはもちろんの事、時にはあの手この手を使い顧客の懐に飛び込んでいく姿勢が必要です。

2 総務、人事

商社は人が財産と昔から言われておりますが、まさにその通りといえます。 採用については、如何に有能な人物を採用するか、(逆にいえば)如何に有能でない人物を採用しないかが、評価の分かれ途になります。 また入社後のレベルアップを図る為に、研修等を企画するのも総務・人事部の役務です。如何に有能な人材でも、磨かなくては光らない訳ですが、総務人事部はほぼ全社員の個人データに目を通す事もあり、人材という観点から会社全体に目を光らせる部署であるといえるでしょう。 また機械商社をふくめ商社は若手の離職率が比較的高い職種といえる為、入社後のフォローも他業種と比較して大きなウェイトを占めるといえます

3 経理

商社は取引の案件数は膨大に上ります。従って、処理する伝票、稟議、入金管理等、多岐にわたり社内処理を行わなくてはなりませんし、大型の契約になればなるほどリスクヘッジ、海外との取引であれば、カントリーリスク(取引国の有する特有のリスク)等も考慮しなくてはならず、適宜、営業部著を管理しなくてはなりません。従ってスピード感のある業務処理と、広い視野をもった上での判断が必要となります。

4 技術職(営業技術)

機械商社では、メーカー等の取引先から専門技術や経験を有する人物を引き抜いて、効果的な技術的営業ができる様、営業所等に配置するケースがあります。 営業専任者も技術的な知識は必須ですが、アカデミックな知識ではない事が多い為、時には営業のみでは限界がある為です。

機械商社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 機械商社転職サイト人気ランキング All Rights Reserved.