機械商社の年収相場

総機械商社求人TOP >> 機械商社の転職の基礎 >> 機械商社の年収相場

機械商社の年収相場

年収相場について

機械商社は、数多く存在しますので、一概には言えませんが、いわゆる勝ち組の企業ですと、20代後半で額面800万円以上、30代後半〜40代前半で役職がついてきだすと1,000万円を超えるケースが多いようです。部長で1500〜2000万、取締役にあがると2000万を超えます。もちろん伸び悩む企業も数多く存在しますので、低い給与水準の企業も多いのは事実ですが、平均的に他業種と比較すると割合高い水準だと考えられています。(※但し後述しますが、福利厚生や補助など年収の数字には表れてこない面がありますので、年収数字だけを見て、高い安いと論じるのは安易な考えでしょう。)

勝ち組の機械商社とは?

では、勝ち組の機械商社とは、もちろん高収益を上げている企業になりますが、将来的なポテンシャルの見分け方となると、例えば、特異性のある商品を数多く扱っている事、コスト競争に追われていないビジネスを展開している事等が挙げられます。 要はどれだけ宝を生む商権を有しているか、また今後新たな商権を獲得する可能性を有しているかがポイントです。具体的には、現在その企業はどんな分野に強いのか、互恵関係・沿革・資本力等はどうか、上場企業であればインターネットで簡単に検索できる情報で、ある程度見分けを付ける事ができます。 また、商社は人が財産というだけあって、人に投資をしなくてはなりませんが、効果的に社員のスキル、モチベーションを高める様なお金の使い方をしているかという点も見極めるポイントになります。たとえば語学や資格のレッスン費等は会社が補助してくれる事や、難易度に準じて報奨金を出す制度のある企業もあります。  (待遇面も要注意)  また待遇面について充分に注意が必要なのは、転勤が多い場合は引っ越しの補助、住宅補助等の福利厚生面や、携帯電話が支給されるか否か、経費を使う際の自由度等、年収の数字には見えない面を無視してはなりません。また接待は商社営業では必ずついて回りますが、自腹接待を余儀なくされる頻度等も、実際の生活にダイレクトに影響しますので、事前にヒアリングしておくとよいでしょう。

待遇面も要注意

また待遇面について充分に注意が必要なのは、転勤が多い場合は引っ越しの補助、住宅補助等の福利厚生面や、携帯電話が支給されるか否か、経費を使う際の自由度等、年収の数字には見えない面を無視してはなりません。また接待は商社営業では必ずついて回りますが、自腹接待を余儀なくされる頻度等も、実際の生活にダイレクトに影響しますので、事前にヒアリングしておくとよいでしょう。

最後に

機械に限らず商社は、人と人の間を仲介する、いわば精神労働といわれる事もある精神的にも辛い仕事ですので、給与、待遇面はその見返りとなり、モチベーションを高める数少ない要因の一つです。従ってもし機械商社への転職を検討しているのであれば、必ず給与、待遇面で納得のいく様に慎重に選択をすべきです。

機械商社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 機械商社転職サイト人気ランキング All Rights Reserved.