機械商社の経理の求人

総機械商社求人TOP >> 職種別の機械商社の求人 >> 経理

機械商社の経理の求人

経理について

経理は本社の各部門、ユニット、又は全国各地の支店、営業所から送られてくる日々の伝票処理に始まり、出入金の管理、営業経費のチェック、処理を統括する事を行います。 機械商社は、業種にもよりますが往々にして月々の売買件数が膨大な数に上る為、経理が処理する案件数もかなりのボリュームになります。また、特殊性のある機械製品に携わる業種の為、異業種からの転職の場合は、ある程度の現場を把握していないと、伝票内部の実状を理解できず、営業とうまくコミュニケーションが取れない問題も発生しますので、数字に強いのはもちろんの事ですが、営業の実務をある程度理解している事が重要です。 また、製造業やメーカーの様な工業簿記と違い、商業簿記となりますので、商業簿記2級程度は取得される事をお奨めします。  また、機械商社は、接待や出張等に莫大な経費を必要とする特徴がありますので、経費精算の統括を担う、経理部門は、営業マンの手綱を緩め過ぎず、締め過ぎず上手に統制をとる必要があります。

最後に経理は会社の中枢を担う大事な部署ですが、機械商社の営業マンは往々にして、総務人事と同様にコストセンターであり、自分たちが稼いだ金で給料を貰っているという古い捉え方をする人がまだまだ多いのも事実なので、営業部署とは上手にコミュニケーションを取る様に心がける事が大切です。

法務審査について

経理とは別に法務審査の部署を独立させている会社もあります。法務審査については、文字通り法律面からの案件のチェックや、稟議書類の審査、顧問弁護士との調整等が主な仕事内容となります。一言で表現すれば、会社としてのあらゆるリスクを回避、軽減させる事を主な業務目的とした部署で、様々な事業を行っている機械商社にとっては、大変重要なセクションです。例えば、機械商社の法務審査の業務内容の特徴としては、海外での事業展開の際の法規のチェック、海外における訴訟問題、代理店契約、技術ライセンスの問題、等が挙げられます。 この部署には、当然ながら企業法務についての高い専門性が問われる為、求人については、他の企業の法務審査に携わってきた経歴が重視とされます。

経理、法務審査については、他の部署と比較すると、比較的仕事内容には、機械商社である特異性は薄いと言えます。従って前職の経験をそのまま活かし易いという点から、待遇や給与面、その企業の将来性等といった点を注視し易い傾向があります。

機械商社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 機械商社転職サイト人気ランキング All Rights Reserved.