機械商社の営業の求人

総機械商社求人TOP >> 職種別の機械商社の求人 >> 営業

機械商社の営業の求人

応募条件

機械商社は営業専門集団の為、求人のうち大半以上は営業職の求人が占めると云えます。一般的には、25〜35歳程度迄が対象ですが、類似業界の経験があり、適性が認められれば、40代前半程度までは求人対象となり得ます。また採用条件としては、@四大卒(文理不問)、A運転免許証(営業で自動車の運転は必須の為)。B健康でお酒が飲める事(明文化はされない場合もあります)。C有形商材の営業経験を有している事。D明るく、誠実な人物である事。Eコミュニケーション能力に秀でている事、等が人材会社等へ人材紹介を依頼する際の制約条件となりますが、機械商社の営業では、具体的なスキルよりも、キャラクターや人物像に焦点を当てる事が多い為、応募条件は明文化し難いのが実情です。従って上述の様な比較的抽象的な求人条件である事が多いのが実情なので、先方の担当者に「会ってみようか」と思わせられるかが書類選考時のポイントとなります。

採用側の事情

 また、取扱いアイテムや、業界等にもよりますが、機械商社では、〜10人単位のユニットで構成されている事が多く、半期の予算数字や経費等も、ユニット毎で管理、評価されているケースが多いと思われます。従ってユニットのマネージャーから、メンバー補強の要望を受け、結果的に中途採用に踏み込む事となりますので、どのような人材が欲しいのか、そのユニットマネージャーの意見が反映され、明文化し難い採用条件についても暗黙裡に存在する実状が多いと言えます。上述の条件の他に、体育会系で育ってきた方や、同業種で業界経験を有している方は、機械商社側にしてみれば大きな魅力となりますので、書類選考の際には、大きなアドバンテージとなり得ます。

営業を志す上で最低限必要な事

最後に機械商社の営業に限った話ではありませんが、第一印象がその商売の成約を左右する可能性が高いという事を、営業経験者は身を以てよく知っている為、履歴書等の顔写真には、十二分に気を使うべきです。実は著者も、書類選考する側として経験がありますが、顔写真の写り方で大きくマイナスポイントをつけ、NGを出した事例が何ケースもありますが、著者の上司も同意見でした。営業畑の経験者は、管理畑を歩んでいる人と比較すると、主観的に人物を評価する傾向がある為、充分に相手に良い印象を与えられる様、注力すべきです。

機械商社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 機械商社転職サイト人気ランキング All Rights Reserved.