機械商社の技術職(営業技術)の求人

総機械商社求人TOP >> 職種別の機械商社の求人 >> 技術職(営業技術)

機械商社の技術職(営業技術)の求人

現場管理者について

建設業法の関係上、現場工事にあたり工事体制に組み込まれるか否かがポイントとなるのですが、仮に組み込まれる場合には、機械商社であっても現場の責任者を常駐させる必要があります。つまりメーカーへ丸投げをしてはいけないという事ですが、何らかのトラブルが発生した場合、自己等で、人命や大きな怪我が発生した場合には工事体制に組み込まれている場合には、その責任を追及される事になります。機械商社の場合は、ただ単純に広く浅く商品を扱うのではなく、メンテナンスや、現地の設置工事等が付きまとう為、現場管理者を必要としている会社が近年飛躍的に増えています。この場合には、管工事、土木工事とは異なり、機械器具設置の管理技術者、又は主任技術者という資格が重要視されますが、前者は実務経験10年以上、後者は5年以上というハードルがあります。試験等で取得できる資格でないのが特徴なので、求人については、必然的に有資格者に限定される傾向が強く、適性が自ずと絞られます。該当する方で、仮に魅力的な求人があれば採用されるチャンスはその他の職種と比較し高いと言えます。

営業技術について

 機械商社の営業マンは実は大半が文系出身の人間が多いのですが、顧客は技術者である事が多く、当然製品説明や、トラブル、メンテナンス、値段交渉等々の場面で技術的な素養は必須となります。しかし時として営業の範疇を超えた技術知識を求められるケースがあります。その場合の多くはメーカーの技術者に頼るのですが、スピード感が劣る事が多いのが実情です。例外はもちろんありますので、あくまでも一般通念としてですが、メーカーの技術者は、製品の設計や、品質管理に携わる専門家の為、営業面での技術フォローを行うのは本業ではないという認識をもっています。

そうなると顧客と近いポジションに、営業技術という役割の需要が増してくる事となります。 営業技術のポジションについては、通常の営業マンとは異質とも呼べる知識レベルが必要な為、メーカー経験者や、メーカーからの出向者、OB、取引先へのスカウト等で、経験豊かな人物を採用する事が殆どな為、求人による採用は稀であると言えます。

機械商社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 機械商社転職サイト人気ランキング All Rights Reserved.