機械商社勤務のデメリット

総機械商社求人TOP >> 機械商社に関するコラム >> 機械商社勤務のデメリット

機械商社勤務のデメリット

機械商社に勤めることによるメリットは、やりがいを感じられることや比較的高い収入を得られるなどがあります。しかし、どこの会社でも同じように、デメリットとなる部分もありますので、よく理解して仕事に取り組むようにしましょう。また、あらかじめ考えられるデメリットを知って、より快適な状態で働けるような対策を採ることも大事です。

機械商社勤務のデメリットとしては、時に残業が長くなるなどハードな業務になることがあるという点です。というのも、機械商社に勤める大部分は営業部門に所属していますので、取引先との接待や商談が就業時間内で終わらず、夜まで及ぶことも珍しくないからです。また、アルコールやゴルフなどの接待も多い会社もありますので、こうした習慣を持っていないと、厳しい営業活動を強いられることになります。機械商社の取引は一つ一つの契約が高額になることもあり、それだけ営業活動に時間とお金がかかることになります。営業マンとしての能力を十分に発揮できる機会となりますが、反面営業ならではの悩みが大きくなることもあります。

こうしたことに伴って、プライベートの時間や家族と一緒に過ごす時間が取りづらいというデメリットも生まれてきます。一週間のうち、何日も遅くまで家に帰れないということもありますし、時に休日であっても接待やイベントなどのために家を空けなければならないこともあります。仕事とプライベート、また家族とのバランスを上手に保つことが難しい時もありますので、事前に家族とよく話し合って、どのように両立させていったら良いかを考えるようにしましょう。

営業部門だけでなく、他の部署でもデメリットを感じることがあるかもしれません。たとえば、総務や経理などは、複雑な機械商社ならでの商習慣を理解していないと、なかなか業務を思うように進められないこともあります。機械商社のビジネスの進め方は、他のタイプの商社とはだいぶ異なることもありますので、独特のスタイルを早いうちに覚えるようにしましょう。特に、他の業種からの転職を考えているのであれば、職場の雰囲気や仕事のやり方に慣れることがとても大事です。また、経理では営業から上がってくる経費の処理が膨大になりますので、ミスのないように仕事をしていく必要があります。時に、経費として挙げられないものが混ざっていることもありますので、営業部門とぶつかってしまうことがあるのも、機械商社ならではのデメリットと言えるでしょう。

機械商社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 機械商社転職サイト人気ランキング All Rights Reserved.