機械商社の将来性

総機械商社求人TOP >> 機械商社に関するコラム >> 機械商社の将来性

機械商社の将来性

機械商社は、エネルギー、医療、化学、自動車、等々様々な分野でそれぞれ商いをしている為、将来性についても一括りには語る事はできません。従って、本項では機械商社が介在する必然性が将来も永続するか否かという点について、説明したいと思います。

そもそもなぜ機械商社があるの?

ところで何故顧客は、直接メーカーから製品を調達せずに、商社を通し製品を調達するのか?(又は商社を通さざるを得ないのか?)、そしてメーカーは直接顧客へ製品を販売せずに、あえて商社を通じ製品を販売するのか?という素朴な疑問を抱かれる方は多くいると思います。  もちろん世の中にはメーカーが顧客へ直販しているケースもありますが、基本的には機械商社が介在する事によって、機械商社へのマージンを支払ってでもメーカー、顧客双方が得をする仕組みになっているのです。

メーカー側にとっての利点

それは、専属の営業部隊を抱え込む必要が無く、また商社の得意とする接待や深掘営業を如何なく利用できる点が挙げられます。また営業経費を削る事のみならず、顧客の無理難題を商社が上手にアレンジしてくれる点も大いに機械商社を介在させる事のメリットと云えます。

顧客側の利点

メーカーというものは大なり小なり、物を製造している強みがあり、顧客第一主義を標榜しながらも、自らの工場都合に陥り勝ちです。つまり柔軟な対応ができない。そこをメーカー側へ太いパイプを有する機械商社を通じオーダーをする事で、多少の無理難題は融通してくれる。つまりメーカーをうまくアレンジし、最高のパフォーマンスを発揮してくれる事を顧客は商社に期待しているのです、

まとめ

現在商社業界は、仲介業から出資業へと大きく舵を切っている一面もあり、その点についていえば将来性はまた違った切り口で語られるべきものですが、世の中の機械商社が介在する事で、上述したメリットをもたらさなくなった時点で、機械商社はその役目を終えるとも言えます。多くの商社では入社時に「御客様は御客様、メーカーさんも御客様」という教育を受けるといいますが、そのマインドが脈々と続く限りは、機械商社という事業形態は形を少しずつ変えながらも残っていくと考えられます。

機械商社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 機械商社転職サイト人気ランキング All Rights Reserved.